土地活用をするには駐車場経営が最適である

黒いスーツの女性

使わない土地の使い道

駐車場案内の看板

問題になる前に対処する

例えば親から住宅を相続しても住まなければ、固定資産税を毎年払うだけの無駄な資産になります。それならば住宅を解体して駐車場として土地活用した方が賢明です。住宅としての役割を果たさなければ、空き家として資産を生まない存在になるだけならまだ良い物の、もしかしたら悪用される危険があります。そうなる前に駐車場にすることで有益に土地活用しましょう。現在、全国で空き家の管理が杜撰で倒壊する危険があることが社会問題になっています。住む予定のない物件にお金を出して修繕するくらいならば、駐車場にして管理しやすくしてはどうでしょう。土地活用の面からみても、駐車場として料金を徴収することで有効に土地を使うことが出来ます。

固定資産税に注意

土地活用で注意しなければいけないのは、住宅用地と駐車場用地では固定資産税が大きく異なることです。住宅用地には固定資産税の大きな軽減措置がありそれを考慮して土地活用の算段をしなくてはいけません。駐車場は最大でそれまでの住宅用地の6倍の固定資産税が掛かります。これは土地の整備次第で軽減対象になりますが、それでもこれまでの住宅用地に比べると思い税金を課される事になります。固定資産税の増加は心理的に大きな悩みです。これまでの費用の増加に着目し、不確定な駐車場の利益と比べると不安が勝りがちです。ですが、その諸経費は駐車場の運営で補える範囲であることが多く、住宅用地と眠らせるならば駐車場として土地活用を考えてみてはいかがでしょう。

Copyright© 2016 土地活用をするには駐車場経営が最適であるAll Rights Reserved.